menu

MENU

母も思い切り楽しめる水上高原ホテル200

  • facebookでシェアする
  • ツイートする
  • lineで送る

今回、ファミーゴのモニターとして母と長女次男の三人で参加しました。
水上高原ホテル200に泊まってみての感想は「とにかく楽しかった!」ということでしょうか。
子ども達に負けないくらい私自身も楽しむ事ができました。

同じ年頃の子どもがいる友人家族もいたので、上の子は子ども同士で遊んでくれていたので助かりました。
友人が0歳の次男を交代で抱っこしてくれたので、できるとは思っていなかったツリートレッキングやフォレストジップラインといったアクティビティに自分も挑戦できました。

冬は託児サービスがあると聞いたけれど、夏にもあったらもっと思い切り楽しめたかも。

やってみたら緑の森の中で風を感じるフォレストジップラインは「絶対にまたやりたい!」と思うほど楽しくて、次は長男と夫も連れてきて一緒に楽しみたいと感じました。

東京からだと車で2時間半超、距離はありますが、せっかくここまで来たら連泊して色々なアクティビティを思い切り楽しむのがいいのかなと思っています。


小さな子ども達だけが楽しむための施設ではなく、アクティビティが幅広く充実していて、どんな年齢でも思い切り遊べるのがいいですね。
わが家は一番上が小学生で一番下が0歳。下の子のお昼寝や授乳、おむつ替えを考えるとホテルに滞在するのが楽だけど、ホテルに滞在していると小学生の上の子が思い切り遊べる施設がないというのが悩みどころでした。
水上高原ホテル200はそんな悩みを解決するまさに理想的なホテルと言えそうです。

私たちはファミリー・ツインのお部屋に宿泊しましたが、小さい子連れには和洋室のつくりが快適でした。
畳スペースがあることで子ども達はそこで遊ぶことができます。
小さな子のお風呂に子ども用のチェアがあったり、レストランには子どもイスが2種類も用意されていたり、一人で二人の子連れでもストレスを感じない色々なお気遣いを感じました。
子どもは解放的な露天風呂が気に入り何度も入っていました。

私の唯一のゴルフ経験と言えば10年前に打ちっ放しに行ったくらい。ゴルフ場にわざわざ行くなんてしたこともないし行こうと考えた事もありませんでしたが、今回ゴルフの打ちっぱなしに行ったりゴルフ場の中で遊んだりして、やってみると楽しいものなんだなぁと意外な気持ちになりました。

ゴルフに対するイメージは道具もプレイ代も高くて気軽にできないという感じだったけれど、ゴルフクラブをレンタルして丘の上のドライビングレンジから山に向かって打つショットは日々のストレスを発散させるような爽快感がありました!